銀行員から公務員への転職は有利か

ヒグマ

ネットで、銀行員から公務員へ転職する人が多いみたいだけどホント?」

「銀行員から公務員に転職する理由ってなに?」

エゾシカ

多いと思います。

共通する転職の理由もあるようなので、実際の転職に成功した人の話を紹介するよ

こんにちは。
エゾシカです。
13年の公務員生活で得た、経験と知識をもとに、銀行員の方へ向けて以下の疑問に答えます。
  • 銀行員から公務員へ転職する人は多いのか
  • 銀行員から公務員に転職する理由

銀行員から公務員への転職は多いのか?

 

私の職場でも3名ほどいましたので、噂どおり多いと思います。

 

全員の経歴を知っているわけではないので、実際にはもっといるかもしれません。

 

年齢層は20代後半から30代前半ですね。

 

地方公務員だと民間経験者の採用枠があるので40代くらいまでいると思います。

 

元銀行員の方は、厳しいノルマによって疲弊してしまい、ノルマがない公務員が魅力的に思えたとのことです。

女性の場合ですと、プライベートを充実させ、じっくり恋愛をしたかったためと聞きました。

いずれにしても、激務とノルマの圧迫感からくる弊害の解消でしょうか。

 

銀行員のみなさまはどう感じますか?

 

なぜ元銀行員が多いのか

 

Yahoo知恵袋でも見かけましたが、銀行員か公務員か贅沢な悩みを持っている方もいるようです。

 

私は、公務員と銀行員の共通点が多いことが理由だと推測します。

  1. 安定思考
  2. 社会的地位をそれなりに気にする
  3. 学力は中級層
  4. 理論的思考タイプ
  5. 格式高いイメージ
  6. ホワイトカラー
  7. 社会奉仕性
  8. 職業の知名度

こういった求めるものに共通点が多く、公務員が転職の候補に上がりやすいのかなと思います。

 

実際に公務員の職場への馴染みが良い方ばかりでした。

 

銀行員からの転職は有利なのか

 

職歴は関係ないです。

 

公務員試験があるため、平等です。

 

強いて言うなら、上下関係が厳しく組織的要素が強い銀行員であれば、公務員の年功序列社会に馴染むと考えている人がいます。

 

あと、公務員は得体の知れない職業を毛嫌いするのと、ホワイトカラーの職業を優遇する傾向があります。

 

そういった意味で、元銀行員は採用側の公務員から気に入られる要因になっています。

 

 

働きながらか目指すか。辞めてから目指すか。

 

働きながら勉強できるなら、やめない方が良いです。

 

やめてしまうと、お金の不安がずっと頭から離れませんし、勉強の妨げにもなります。

 

また、公務員に限りませんが、転職先が決まる前に辞めるようなよっぽどの理由があったとみられます。

 

面接でしっかり説明ができれば良いですが、マイナス要素になる可能性があります。

 

 

銀行員の勤続年数

 

銀行員の勤続年数は関係ありません。

 

銀行員のお金に関する知識はプラスポイントとして作用しません。

 

公務員試験では、ポストに見合った、スキルの人材を採用するよりも、

組織に馴染み感と波風を立てない温厚な人を好みます。

 

公務員らしく言えば、大人の対応ができる人。

 

こう言う人材が求められます。

 

銀行員の上下関係を意識した、組織感覚が備わっていることがアピールできれば十分です。

 

3年未満の場合は、面接で辞めた理由を聞かれますので、しっかり説明できるように準備するとよいでしょう。

 

銀行員と公務員ならどっち?

 

銀行はノルマがありますが、公務員は与えれた仕事をこなしていれば、精神的負担をさほど感じずに、安定した給与を得ることができます。

私は、元銀行員の方から話を聞くまでは、「厳しいノルマからくる脅迫感」「朝早く、残業も多い銀行員の実態」を知りませんでした。

 

本当に激務で厳しい世界だと痛感しています。

 

そういった厳しい労働環境を理由に辞めた方は、みなさん、公務員の方がいいと言いますね。

 

本当に幸せそうに見えます。

 

一方で、公務員は新しいことに心理的抵抗があり、どんどん改善していくという雰囲気に乏しいです。

 

正当な人事評価や、やりがいに苦しむ可能性はありますが、

そういった点を理解したうえなら、是非とも公務員への転職をお勧めします。

 

気持ちがあるなら是非、公務員をオススメします。

 

単純に公務員をオススメするかと聞かれたら、難しいところがありますが

 

厳しい銀行員の世界を経験した方であれば、公務員の価値を理解できると思います。

 

”公務員”ではなく、”銀行員から公務員に転職”に価値があるということです。

 

公務員の職場へ適応に苦労しないと思いますので、リスクは無いと考えていいです。

 

公務員への転職でお悩みでしたら、チャレンジすることをお勧めします。

独学でも試験合格できますので、とにかくテキストを一冊かってやってみることです。

3000円未満でチャレンジできるならほぼノーリスクです。

 

今日の哲学

 

 やる気とは?

 

やってから込み上げる、行動に伴う感情。

”やる気”とは、やる前から湧き出るものものではない。

 

行動することによって、込み上げるもの。

 

行動無き自問自答は不毛です。

 

3日坊主でも大丈夫。

 

4日後にもう一度決心すればいいだけですから。

 

それでは、この記事が読者の方の役に立つことを願っています。