公務員てモテるの?

ヒグマ

公務員男性はモテる?

結婚したい男性の職業ナンバー1に輝く公務員は、実際どうなのか聞きたいなー。

エゾシカ

はい。そんな素朴でムダな疑問に答えます。

100人以上の”結婚適齢期”の男性公務員の嗜好を観察してきた変態エゾシカが解説します。


僕は、10年以上公務員をやっていました。

この記事では、公務員男性の市場価値を実体験に基づき記載します。

公務員を目指す方に限らず公務員の方も、この記事から婚活市場価値を感じ取って頂ければ幸いですm(_ _)m

また、公務員を結婚相手として見極める女性の手助けになれば嬉しいです。

結論 モテない

安心してください。モテません。

公務員=モテるは幻想です。

「おれ、公務員で安定してるぜ」っていうやつに魅力感じますか?

でも、女性のからは「どれくらい給料もらってるの?」という質問がかなり多いです

額面を言うと安すぎて引かれます・・・

それでも、交際するキッカケには弱いですが、結婚の強力な判断材料になる時代になりました。

結婚適齢期世代のご両親は、終身雇用が当たり前の時代で生きてこられたので、今の不安定な時代での、唯一の終身雇用会社と言っいいい公務員は、その価値観にマッチするものです。

公務員=モテるではない理由

モテたくて公務員になるひとはいない。かっこいい仕事だからと目指す人もごく少数。

大概の人はやりがいよりも、”安定”を求めて公務員を目指します。面接で志望動機を聞かれて”安定”以外から絞り出さなくてはならないので、苦労するひとは多いのではないかと。

仕事にやりがいを感じていない人は、魅了がないですよね。逆に自己の魅力や人間的成長を目指して仕事を頑張る人の少ない。

モテるためには?

「公務員は緊密で狭い世界」と思い込まないで、利用者の人に役立つことだけフォーカスし、自分の半径5メートル圏内のひとから幸せにすること。

これが僕の秘訣です。モテるためというかこれが世の中に求められる公務員の姿です。

いわゆる”優秀”と言われる人は、組織の中にいる人からの内部的に便利な人かどうかという価値観で測られています。

言い換えると国民に付加価値があるサービスを提供できているかとは無関係です。

例えば、苦情があった時、たくさんの時間を使って申し立て者と話し合ったり、謝罪したり丁寧に対応をするひとよりも、少ない時間と労力を苦情を抑えっこむ人のほうが”優秀”と言われます。

これはこれでいいですが、常に本質を忘れないことを意識すると良いです。

モテないけどすぐ結婚できる感

交際~結婚までの道のりが超特急にスムーズです。誠実性みたいなものを信じてもらう作業が省けます。

「公務員続けます」って表明するだけで、速攻結婚できます。

根が悪で変化球な同僚でも速攻でしたので、これは間違いないと思います。

皮肉ですが、自分の娘を嫁に出すなら「出世願望がない公務員」に嫁げとアドバイスしたいですね。

おわりに

比較的どうでもいい記事ですが、理想の結婚相手の職業ナンバー1に輝く公務員に対し、幻想を抱いている男性がいたら一度読んでほしいなと思った次第です。

*公務員に特化した結婚相談所で佐藤B作みたいな世話役したい願望が芽生えました。
この願望は、早めに芽を摘んだ方がいいでしょうかねw

今日の哲学

モテるとは?
価値の穴
価値や魅力によりモテるように思いますが、それは誤り。
モテるようになれば、真の価値は評価されることはなく、りんご飴のように表面を綺麗に覆う甘い飴に脆弱な穴が空いているような状態
この穴が公務員という要素を無価値に落としめる。
〇〇があればモテるという小手先のスキルや、自分を囲む要素を意識するのは地獄の始まりということ。
この記事が読者のかたの役に立つこと願っています。