[立川駅北口]駅近穴場-居心地がいい隠れ家的な焼き鳥屋

求めるものはここにある。


伍楽 立川店 (ゴラク)

開放的な連絡歩道が印象的な立川駅より、徒歩2分に位置する、端正な佇まいの焼き鳥屋。

 

打ちっ放しのコンクリートの冷ややかさを打ち消すような絶妙に配置された暖色のあかり。

 

その、洗練された上品店構えに躊躇し、店先のお品書きを怖々と眺める。

 

そこへ、気さくで明朗な声が耳に入る。

 

店構えから焼き鳥屋かどうかすぐに分からずにいた僕に、過不足がない心地よい説明で、一瞬で入りたくなった。

 

店内は1階と2階で分煙されている。僕は、禁煙席の2階のカウンターに通していただいた。

 

メニューの種類はさほど多くない印象。詳しい内容はぐるなびや公式サイトをご覧いただきたい。

 

まずは、甲州の白ワインをボトルで頼んだ。甲州らしい香りが立つフルーティーでキレがよい味。

 

事務的で規則正しいラベルデザインがちょうど良い違和感のもので、値段も安い。

 

当日のおすすめメニューは刺身が多くラインナップされており、最上部に書かれていた「宮城 本マグロ大トロ」

一口が大きく、厚い。その厚みを上顎と舌で感じるのが至福。
繊細で綿密な脂身が上品に溶ける。ヘルシーな脂の舌触りが最高だった。付け合わせのミョウガとの相性が抜群。

子のどぐろの一夜干しの焼き物。

テニス界のエース錦織圭が「美味しい」言っただけで、市場から姿を消した北陸の高級魚。子であるが、そのうまさが凝縮された一夜干しがメニューにあってため、脊髄反射で注文する。

旨い。その白身はほど良い弾力となんとも言えない香りとコクのある脂。他には似つかないこの脂の味は唯一無二のものを感じる。キンキやアブラコのようなストレートな脂身ではなく、いい意味でクセのある味。

食事のカンフル剤として頼んだダークホース。

 

「うずら卵のチーズ衣揚げ」

 

裏切ってくれます。”味玉な”うずら卵です。

外はチーズの旨味と香ばしさの後に、甘く味付けされた卵の2段パンチでノックアウト。

これは珍しい。

 

「メヒカリの唐揚げ」

 

脂身が強い深海魚

 

「ふわぁー」って感じにふっくらした身が特徴。ワカサギのような旨味ギッシリ系とは対をなすタイプです。

 

お値段のわりに、ボリュームが多く満足感があります。

 

このふっくらした身がワインと良く合います。日本酒とはもっと合います。

 

この料理で、未知の魚への好奇心を植え付られました。加工魚介製品は名も知らない深海魚であったり、値段や知名度、その見た目から日の目を見ない魚が多くあると思います。

これから、現代人の味覚の変化に伴うように、様々な魚に対し市場価値が見出されるのを期待します。

 

まとめ

お酒は少数精鋭の顔ぶれ。取り揃えはマニアックな印象でしたので、メニューに掲載がない日本酒などもあるかもしれません。

料理は、どれを食べても本当に美味しいです。季節に応じた希少な食材がありましたのでリピートが楽しみです。

焼き鳥屋さんでしたが、焼き鳥は当たり前以上に美味しかったので、あえて掲載していません。気になるからはぜひ足を運んで欲しいです。

住所 東京都立川市曙町1-30-16
アクセス JR立川駅南口(西側)より徒歩2分
営業時間 月~土、祝前日: 11:30~23:30 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:00) 日、祝日: 11:30~22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:30)
定休日 年末年始:12月31日~1月2日はお休みとさせていただきます。 12月30日→ランチ営業のみ/1月3日~1月5日→11:30~22:00
*要確認
電話番号 042-541-5200
URL https://gorakutachikawa.owst.jp
携帯電波 良好
カウンター席 あり(喫煙席&禁煙席)
焼き鳥居酒屋 伍楽(五楽) 立川店

立川の居酒屋、焼き鳥居酒屋 伍楽(五楽) 立川店のホームページです。お店の基本情報やおすすめ料理の「【伍楽と言ったら、や…

□執筆者メモ
利用日:2019/04/30
利用人数:2名
お会計:7684円
内訳(抜粋):白ワイン1980、こころ串170、もも串260、せせり串180、うずらのチーズフリット580、本マグロ1480、メヒカリの唐揚げ680、のどぐろ580(円)